2012年10月14日日曜日

裏のハーブ畑、近状。



今はこんな感じです。


風車を立て、スイカが居た辺りの雑草のテリトリーだった
エリアの管轄にも乗り出しました。

前の畑から移民してきたケイトウや
挿し木のバジルやゼラニウム
名前の知らない花の球根も植え付け。

チューリップの球根もこの辺りにもうすぐ植える予定。



バジルの挿し木2世。




これもセンテッドゼラニウム。



いつも草花や野菜の苗をくれる近所のおばあちゃんが
挿し木で根っこが出たからと、持ってきてくれました。

(名前の分からない花の球根も一緒に。
2、3種類の草花の挿し木や植木も一緒に。
ガーデニング作業、忙しいです^^)



このゼラニムムは近所の庭に植えられているのを良く見かける。
ローズゼラニウムに近い香りがするけど
葉っぱの形が違います。





左のもこもこの葉っぱは、クラリセージ。



枯れた花穂から種の収穫もできた。
来年の春に種をまいて増やします。

花穂を刈り取ったら、緑色のふわふわの葉が沢山でてきた。

葉っぱに穴があいているのは毛虫の仕業。
裏側に隠れています。

昨日は割り箸で沢山捕まえて
唐辛子にんにく殺虫スプレーでやっつけました。


ガーデニングをやっていると
虫が恐いなんて言ってられません。

色んな面で鍛えられています。



大きな葉や茂って密集した葉の裏は
虫たちの格好の隠れ家になるようですね。






クラリセージの隣はタイム。


タイムさんは、虫からあまり人気が無く手間がかからない。

ローズマリーやレモングラスも同じなので助かる。

裏の畑は特に周辺の草むらや竹やぶから
色んなやつがやってくるので
虫が好まないハーブ以外は植えない方が賢明だと気付き始めたこの頃。


恐いくらい元気なナスタチウム。


この方も虫にモテません。

パートナーのレモンバーベナは
バッタにかじられている。



レモンバーム。



隣のチェリーセージに寄生していた白い虫が移ってきていたので
かなり大胆に刈り込んだのだけど、
いつの間にかまた見事な茂りっぷり!



綺麗な新芽を茂らすためには
思い切った剪定作業が必要ですね。

最初はバッサリ刈り込む勇気がなかなか出なかったけど。







3株のうち1人、元気がなくなって萎れてきていた
ラベンダーグロッソ。

こちらもダメもとでバッサリ剪定。





どうなるかな。
様子を見ていきます。




ココナッツゼラニウムは元気元気。

茂り過ぎていた葉っぱを減らして
風通しを良くしたらさらに勢いがよくなった感じ。




以上、一部ですが第一ハーブ畑便りでした。